トル、ママ、イク

 

本を作る過程の中で、最も重要な作業のひとつが校正です。

校正にあたっては、校正者、編集者は校正記号というものを使います。これは組版作業者との共通ルールのようなもので、組版で直すときに、間違いがないようにするためです。

著者の方が校正するときは、校正記号を使う必要はありません。赤ペンなどで、こちらに分かるように書いていただければよいのです。

長い文章を入れる場合は、鉛筆でもよいと思います。赤ですんなり書ければよいですが、やはり、消したり、足したりが出ます。それを赤でやるとぐちゃぐちゃになる恐れがあるので、鉛筆のほうが安心でしょう。

 ここで、著者の方も知っておいて損のない校正記号を紹介しましょう。

「トル」です。

意味は「取る」ですが、カタカナにするのは、原稿の中に実際に使ってある言葉の「取る」と間違えないようにするためです。

 校正する上で、よけいな言葉や、文章を「トル」ことが多いと思います。そのときに、いちいち「ここを取ってください」と書くのも面倒ですよね。そのときは、該当する箇所の上に赤線を入れて、その線を伸ばして「トル」としておけばスムーズにいくと思います。

 あと「ママ」という記号もあります。これは、たとえば、文献や手紙などの資料を引用する場合、文法上違っていても、勝手に直すのはまずいので、そのままにしてあるよ、という意味です。

校正で言葉を直して、その後やっぱり元のままにしたい場合は「イキ」という記号を使います。生きるという意味ですね。

あるとき、「義母」を「母」に直して、やっぱり元の「義母」のままにしようと思い、つい「ママ」と書いてしまいました。本当は「イキ」としなければいけなかったのです。

そのせいで、直した次の校正紙では「義母」が「ママ」になってしまいました。

 

 

【自分史の代筆なら晴心社へ】

URL:http://daihitsu66.com
電話でのご相談:090-5525-6820
(受付時間:平日9:00 ~ 17:00)
パソコン・携帯からはお申し込みフォームよりお願いします

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です